『学び合い』って何?


 『学び合い』は,誰一人として見捨てられることのない共生社会の実現を目指す,一人も見捨てないことを大切にする教育の考え方です。
 そのために,次の3つの考え方を共有します。


○子ども観:子どもたちは有能であるという考え方。
○授業観:教師の仕事は目標の設定,評価,環境の整備を行うことで,教授(子どもから見れば学習)は子どもに任せるという考え方。
○学校観:学校は多様な人と折り合いをつけて自らの目標を達成する経験を通して,その有効性を実感し,より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場であるという考え方。

 

 この3つの考え方を共有した子どもたちは,能動的な学修を必然的に生起させ,それによって,自ずと認知的,倫理的,社会的能力,教養,知識,経験を含めた汎用的能力が育成されてしまいます。

 つまり,あえて各種能力を育成することを意図せずとも,3つの考え方を共有した結果として,必然的に能動的な学修が起こり,各種能力が育成されてしまうものです。


 今,求められているアクティブ・ラーニングを具現化した授業そのものであると言えます。