研究内容


①アクティブ・ラーニング,『学び合い』におけるgatekeeperとend userによる個に応じた指導に関する学習臨床学研究
 もし,理解が十分な子が近くにいる十分に理解できていない子に教えることができたら・・・,もし,理解が十分でない子が近くにいる理解の十分な子を選んで遠慮なく聞くことができたら・・・,どうなるでしょうか。きっと,理解が十分な子は近くの理解が十分でない子に教えようとすることで,自らの学習のモニタリングが促され,教えたり説明したりすることでより一層理解を深めることが可能になるのではないでしょうか。理解が十分でない子にとっては,きっと,近くにいる理解が十分な子を選んで自分の分からないことを聞くことによって,リアルタイムで疑問や不安を解消できるのではないでしょうか。このようなgatekeeperとend userとの相互行為を促す学び合いについて学習臨床学的に研究を進めています。この学習臨床研究を通して,個に応じた指導についての新たな視座からの提言をしています。子どもたちのために,一緒に『学び合い』の様態を研究してみませんか?

②小・中学校の教科教育の臨床場面における学習者の変容についての学習臨床学研究
 小・中学校の授業の臨床場面における児童・生徒の具体的な行動に着目して,彼ら自身がどのような認識をもっていて,あるいはどのような素朴概念の下で授業に臨んでいるのか,そして,学習によって認識や素朴概念がどのように変化していくのか,学習内容をどのように理解していくのか,などについて学習臨床的に研究を進めています。この学習臨床研究を通して、一人一人の児童・生徒の学びの成立過程を解明するとともに,彼らを共感的に理解し,授業改善への方策を提言しています。児童・生徒のために,一緒に児童・生徒の学びの変容を研究してみませんか?

③小・中学校の教科教育の臨床場面における学習者同士の相互行為についての学習臨床学研究
 小・中学校の授業の臨床場面では,児童・生徒が一人だけで学習を進めるという学習場面より,隣りや回りの友達と一緒に情報を交換したり役割を分担したりしながら,学習を進めていく場合が多くあります。そこでは,児童・生徒が個人的な特徴もさることながら,互いに影響を及ぼしながら学習が進んでいくことが多いのです。そこで,学習者同士あるいは教師と学習者の具体的な行動に着目して,彼ら自身がどのような会話をしたり行動を起こしたりしながら,認識が深まったり広がったりしていくのか,あるいは概念がどのように形成されていくのか,学習内容をどのように理解・共有していくのか,などについて学習臨床的に研究を進めています。この学習臨床研究を通して、社会的文脈下における児童・生徒の学びの成立過程を解明するとともに,彼らを共感的に理解し,一人一人に力を付けてあげられる指導方法の提言をしています。 児童・生徒のために,児童・生徒の『学び合い』の実態を一緒に研究してみませんか?

④小・中学校現場の理科授業における開発された教材(学習者の視点に立脚して開発されたもの)による学習者の変容に関する学習臨床学的研究
 児童・生徒の学習状況を変容させる上で,小・中学校の理科の授業で活用する有効な教材(リソース)とはどのようなものであるのかについて,よりよい教材化の進め方を追い求めています。この研究を通して,すべての子どもたちの学習状況を向上させることのできるよりよい教材を開発したいと考えています。ただ,あくまでも教材開発が主ではなく,教材を手段としたときの子どもたち自身の学び,子どもたち相互の学び合いに焦点付けた彼らの変容を促す授業改善に資することに主眼をおいています。子ども自身が教材を見つけたり作ったりするものづくりも魅力的な研究の一つです。今後は,子どもたちが自分自身で開発する教材が望まれるでしょう。子どもたちのために,教材開発によって子どもたちの変容を促す臨床的な教育研究に一緒に取り組んでみませんか?

⑤小・中学校現場の理科の授業改善(学習者の変容)に資する『学び合い』に関する学習臨床学的研究
 小・中学校の理科の先生を目指すみなさんや,実際に現在小・中学校で理科の先生をしておられるみなさんには,いろいろな不安や悩みがあることと思います。これから理科の先生を目指す皆さんには,少しでも理科の授業実践に必要な資質・能力を身に付けてもらうことができるように,また,現職の先生方にはご自身の実践をモニターして,改善の方向を探っていただけるように,『学び合い』の授業による臨床的な実践研究を考えています。私たちで議論しながら授業実践の資質・能力を高めて,より多くの児童・生徒を理科好きにしていきたいと思っています。したがって,大学・大学院の在学中はもちろん,大学を卒業した後も,大学院を修了した後も,みなさん自身が学び続けることのできる実際的な臨床的研究を行っています。大学を目指す高校生の皆さん,大学院を目指す学生の皆さん,そして現職の先生方,ぜひ一緒に研究を始めてみませんか? 子どもたちのために,皆さん自身のために,そして全国の現職教員の人たちのために,一緒に『学び合い』によるよりよい授業改善に取り組んでみませんか?

⑥理科教育における小・中教員との連携に関する臨床的実践研究
 私たちの『学び合い』研究室は,教育現場をフィールドとして,そこで学ぶ子どもに着目した教育フィールド研究を推進していますので,小・中学校の現場の課題に即して,学習臨床学的に教育研究を行うことができます。明日の授業改善に直結するような現職の皆さん自身が学び続けることのできる実践的な研究が可能な研究室です。現職教員の皆さん,私たちの『学び合い』研究室で,子どもたちのために,そして皆さん自身のために,よりよい授業改善に挑戦してみませんか? 私たちの『学び合い』研究室では,上越教育大学の学習臨床講座の研究室と連携しながら学習臨床研究を進めています。多くの現職教員の皆様方と共同で学習臨床研究を進めることができることを楽しみにしております。また,多くの現職教員の皆様方の本学の私たちの『学び合い』研究室への進学をお待ちしております。興味をお持ちの方は,ぜひ私たちの『学び合い』研究室までお気軽にご連絡ください。

⑦教育フィールド研究におけるチェックリスト活用による実証的な教育実践
 私たちの『学び合い』研究室では,小・中学校をフィールドとする,教育フィールドとしての臨床的な実証研究を進めています。学生の皆さんが教育フィールドに出かけていって,教育実践を行うことによってどのような臨床的な実践力を習得できるのでしょうか? それは,実践記録を蓄積しながら,チェックリストを構築してそれに基づきながら実証的に検証する過程で解明されていくことと考えられます。もちろん,研究を推進する過程で学生の皆さん方には,小・中学校の現場で活躍できる臨床的な実践力が身に付いていきます。実際に,大学に入学したばかりの1年生の皆さんが,市内の小学校に1年間毎週金曜日に出かけて教育実践を続けてみると,児童を理解する力と教育実践の構想力が身に付くのです。小・中学校の先生を目指す高校生の皆さんそして学生の皆さん,いかがですか? さあ,私たちと一緒に,教育フィールドにおける臨床的な実践力の教育研究を進めてみませんか? お待ちしています。

⑧教育実習のカリキュラム開発に関する研究
 私たちの『学び合い』研究室では,教育実習で培われる臨床的な実践力を教育フィールドの一環としてとらえ直し,系統的な臨床的実践を継続することによって養成される臨床的な実践力についての教育研究を始めています。学生の皆さんにとっては,卒業までに臨床的な実践力が育成されます。私たちと一緒に教育フィールドに出かけて,臨床的な研究に取り組んでみませんか?

⑨10年経験者研修のカリキュラム開発
 私たちの『学び合い』研究室では,10年経験者研修において,小・中学校の現職教員の皆さんの資質・能力の向上を願って,平成17・18年度に「学び合いの授業デザイン」の講座を開設しています。そこでは,受講生の皆さんと一緒に,児童・生徒のより良い『学び合い』を促すことのできる授業をデザインできるカリキュラムを開発し,受講生の皆さん自身が勤務校で実証的な教育研究を進めています。現職教員の皆さん,いかがですか? 子どもたちのために,そして皆さん自身のために,私たちと一緒に『学び合い』の授業をデザインし,教育実践を試みてみませんか?

⑩大学・附属の連携に関する臨床的実践研究
 私たちの『学び合い』研究室では,大学と附属学校との連携,協力に関する臨床的な実践研究を進めています。特に,小・中学校の理科に関して附属学校の皆さん方と連携,協力しながら,児童・生徒のより良い成長のために積極的に取り組んできています。私たちと一緒に大学・附属の連携,協力に関する教育研究を進めてみませんか?

⑪教科における教師教育,教師の職能形成に関する実践研究
 私たちの『学び合い』研究室では,教科における教師教育,教師の職能形成に関する教育研究を進めてきています。特に,理科における教師の資質・能力を高めるための実践的な教育研究を継続的に行ってきています。教師集団における『学び合い』は,教師自身の職能形成に貢献しています。私たちと一緒に,『学び合い』による職能形成の教育研究を始めてみませんか?